メニュー

#83突如現れる三本の巨塔見てみよう/LOOK

このちょっと不気味な3本の巨塔は海上保安庁の無線送信所で大正時代より建つ自立式電波塔としては高さ・古さともに日本一。
1号及び2号塔が135m、3号塔が137mで、基部の直径は約12m、厚さは76cm。3本の配置は約300m間隔の正三角形となっています。
太平洋戦争開戦を告げる暗号電文「ニイタカヤマノボレ」はここから発信されたとも言われていますね。。(千葉県船橋市の船橋送信所からという説もあります。)
近世以前の通信手段といえば、飛脚で飛ぶ手紙がほとんどで、その後人々は「新鮮な情報」を求めて通信技術を発達させてきましたが、1人1台以上の携帯電話を持つ時代がくることなど誰が想像したでしょうか。
「旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設」の名称で国の重要文化財に指定されています。
無料で見学もできるようになっているため、携帯を持たずに行ってみてはいかがでしょうか。

【針尾送信所】
佐世保市針尾中町382
無料(個人見学:現地にて随時受付、団体:要事前連絡(20日前迄))
見学時間:9:00~12:00 - 13:00~16:00
大型バス駐車場あり
車 - 西海パールライン有料道路針尾ICより約10分
問い合わせ:TEL 0956-24-1111(佐世保市役所社会教育課)
TEL 0956-58-2718
針尾送信所の見学について
【針尾送信所を巡るタクシーツアー】
「タクシーで巡る語りゆく佐世保からのピースフルツアー」
集合場所:佐世保観光情報センター
約3時間
毎日実施
- 1名乗車:14,500円
- 2名乗車:7,400円(1名あたり)
- 3名乗車:5,000円(1名あたり)
- 4名乗車:3,800円(1名あたり)
(タクシー代・通行料・保険料含む)
詳細はこちら
【お問い合わせ】
◆佐世保観光情報センター
長崎県佐世保市三浦町21-1(JR佐世保駅構内)
年中無休
9:00~18:00
TEL 0956-22-6630
http://www.sasebo99.com/

オススメのネタ

一覧へ戻る トップページへ戻る