メニュー

#81あと2年早かったら世界遺産だった現役クレーン見てみよう/LOOK

ジャイアント・カンチレバー・クレーン。
プロレス技のようなこの名前。

旧海軍工廠を引き継ぐ歴史ある造船所、通称SSK(正式名称は「佐世保重工業株式会社佐世保造船所」)にある大正2年(1913年)に竣工された大きなハンマー型クレーンのことで、このタイプのクレーンは日本にはわずか3機しか残ってないという。

その一つ、長崎市・三菱重工長崎造船所(1909年竣工)の150トンクレーンは世界遺産「明治日本の産業革命遺産」に登録。あと2年、竣工が早ければ、佐世保の250トンクレーンも名誉に肩を並べられたかもしれない惜しい一面も。102歳を超えた今なお、現役で稼働中。
九十九島を訪れたときには、記録よりも記憶に残る佐世保の「巨人」をねぎらってみてはどうだろう。

【佐世保重工業株式会社】
長崎県佐世保市立神町1番地
【~日本遺産を巡る佐世保の観光バス~SASEBOクルーズバス海風】
月~水・金~日運行(運行についてはお問い合わせください)
1日3便運行
約90~100分
佐世保バスセンター発・佐世保駅みなと口発
- 大人(中学生以上)1,800円
- 小人(小学生)900円
ハウステンボス発着
- 大人(中学生以上)2,000円
- 小人(小学生)1,000円
http://www.sasebo99.com/island/umikaze_bus/
【お問い合わせ】
◆佐世保観光情報センター
長崎県佐世保市三浦町21-1(JR佐世保駅構内)
年中無休
9:00~18:00
TEL 0956-22-6630
http://www.sasebo99.com/

オススメのネタ

一覧へ戻る トップページへ戻る