メニュー

#63佐世保の地酒食べてみよう/EAT

創業天明七年(約230年前!)の酒蔵、梅が枝酒造さんは日本酒・焼酎だけでなく、地元の果物を使ったびわ酒・甘夏酒・ブルーベリー種などのリキュールや、昔ながらの甘酒など種類の多彩さは全国的にも特徴のある蔵元。
江戸より続く酒蔵で、兄弟3人力を合わせ日々酒づくりに励んでいます。
一方、創業元禄元年(約330年前!)の潜龍酒造さんは約7.5mの一本柱で支えられた特殊な酒蔵の造りで、釘を全く使用していない、組込み式の酒蔵。(長崎県指定有形文化財)
その酒蔵での吟醸のもろみ造りは30~35日と長期に渡ってゆっくりと丁寧に発酵させ、昔ながらの木槽しぼりで丹念に搾るという昔ながらの手法を大切にしているとのこと。
春と秋に蔵開きを開催しているので、米を発酵しているときに聞こえる「お酒の唄」をあなたも聞きにいってみてはいかが?

【梅ヶ枝酒造】
長崎県佐世保市城間町317
TEL 0956-59-2311(10:00〜16:30)
http://umegae-shuzo.com/
【潜龍酒造】
長崎県佐世保市江迎町長坂209
TEL 0956-65-2209(8:15〜16:45)
http://www.sake-honjin.com/
【お問い合わせ】
◆佐世保観光情報センター
長崎県佐世保市三浦町21-1(JR佐世保駅構内)
9:00~18:00
年中無休
TEL 0956-22-6630
http://www.sasebo99.com/

オススメのネタ

一覧へ戻る トップページへ戻る